Select Lyric
[ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]
[ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z ]

山崎まさよし 名前のない鳥
風に揺れてる朽ちかけた伝言板

裏切られるよりはさまようほうがいい



便りがない日々に淋しさだけつのってゆく

影を引きずるぐらいなら名もない鳥でいい



陽炎の様にゆらいでる約束の場所

はるか遠くの街



誰かが全部幻だと教えてくれたら僕は

何処へ行くだろう



主を探している はぐれた雲に話しかける

何にすがった時に一つの旅は終わるんだろう



月は今日の夜もしんしんと照らしている

想うのはただ愛しい人の胸で眠りたい



たとえ幻であってもせめてー夜の

ぬくもりに酔いしれたい



心の奥で消えかけたわずかな明かりを

もう一度両手でつつんで



陽炎の様にゆらいでる約束の場所

はるか遠くの街



誰かが全部幻だと教えてくれたら僕は

何処へ行くだろう
© Love2Pak - All rights are reserved
Privacy Policy    Terms of Use    A