Select Lyric
[ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ]
[ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z ]

兵藤ゆき ぼくとディジャヴ 歌詞
ある春の日窓辺に 群にはぐれた小鳥

風に吹かれおびえて ぼくをじっと見つめた

傷めた羽根をかばって なにか言った気がした

ぼくの部屋にお入り もう心配はないさ

風はまだ冷たく きみは休んだほうがいい

南風はすぐに きみに笑いかける

その小さな友だちに ぼくは名前をつけた

名前は 「ディジャヴ」 いいひびきさ

見覚えがあるって意味さ

まぶしい光のなか 春がおとずれ夏がゆく

笑い声の中の ぼくとディジャヴ



やがて頬に秋風 もう冬支度の町

枯葉色の大空 南へ飛ぶ鳥たち

「ねえディジャヴ、いくんだろう?

ぼくなら大丈夫さ いつかディジャヴ 会えるさ

さあ、 はばたいておゆき」

めぐる季節の中 出会いわかれ メリーゴーラウンド

少し大人になり また歩き始めよう

まぶしい光のなか 春がおとずれ夏がゆく

笑い声の中の ぼくとディジャヴ


© Love2Pak - All rights are reserved
Privacy Policy    Terms of Use    A